メニュー

消化器内科

消化器内科(しょうかきないか)は、消化器系の疾患を専門とする医療分野であり、胃、腸、肝臓、胆道、膵臓などの消化器官に関する疾患の診断、治療、予防を行います。消化器系の疾患には、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん、膵臓がん、肝硬変、胆石症、炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎)、消化性潰瘍、食道がん、胃腸炎、胆嚢炎、胃腸出血などがあります。消化器内科医は、患者の症状や検査結果をもとに、正確な診断を行い、最適な治療法を提供します。また、予防的な健康相談や、食生活の指導なども行います。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME